「フローチャートふせん」ループ 20枚
new
5ed09e7ebd217828971ded8d 5ed09e7ebd217828971ded8d 5ed09e7ebd217828971ded8d 5ed09e7ebd217828971ded8d 5ed09e7ebd217828971ded8d 5ed09e7ebd217828971ded8d

「フローチャートふせん」ループ 20枚

¥164 税込

送料についてはこちら

ループは同じ作業を繰り返し行うときに使う記号です。 例えば算数の授業で正六角形を描く時に、ループを使って描き方を整理すると簡単に書くことができます♪ 正六角形の描き方をループを使って整理すると、、、 ①円を描く。 ②円の半径を描いて、60度右に回る。→これを6回繰り返す!(ループ) ③半径と円が交わった点を直線で結んで完成♪ (描き方は画像でも説明しています。) 一見難しそうなことでも、同じ作業を繰り返すことで簡単にできることがあります。ループの記号で繰り返しのポイントを発見して、効率よく作業を進めましょう! ■仕様 サイズ:75×50mm  積層枚数:20枚 ・必要な記号がそろった基本セットはこちら! https://switch-on.stores.jp/items/5eb38fa9cee9ea446c110df1 ■フローチャート付箋とは? 『フローチャートふせん』で日々の行動を効率化! プログラミングをする際や学校でプログラミングの授業をする際に活用できる付箋です♪ フローチャートとは、仕事の流れや処理の手順をプロセスごとに記号で表し、記号同士を矢印で結んで作業の順番を分かりやすく図にしたものです。 効率よく目的を達成するためにはどのような動きが必要で、どんな手順で進めたらいいのかを、それぞれの記号を組み合わせながら論理的に考えていくことができます。 学校のプログラミング教育は、プログラマーを育てることが目的ではありません。例えば給食の配膳や掃除の段取りなど、日々の活動を効率よく行うために必要な論理的思考力の育成を重視しています。フローチャート付箋を使う事で、コンピューターやタブレット、インターネット環境が整っていなくても、論理的思考を学ぶことができます。